スポンサード リンク
スポンサード リンク

2007年07月22日

コーチのブランド力とショルダーバッグの価値

比較的若い女性に「あなたがもし、誕生日やクリスマスなどの記念日に大切な人からアクセサリーをプレゼントされるなら、どこのブランドがいいですか?」と聞いてみるとします。

それはその価値を認める人が多ければ多いほど、使う人はもちろん、使わない人にまで、プラスのイメージが強くなっていき、そして、使いたい人を増やしているところにあるのではないでしょうか。

そのイメージ戦略が゜、成功して、多くの女性の支持が集まっているのです。

コーチでなきゃという女性が、多いのもうなずけます。

半年や1年待ちというのは当たり前のようで、みんな待ちわびているようです。

それは、コーチの人気の凄さを物語っています。


日本人の多くは、今人気のコーチのショルダーバッグを誰よりもいち早く身につけることでステイタスを感じ、周りから評価されることで満足します。

そしてその満足がもっと欲しいという心を刺激するのです。日本ではコーチのショルダーバッグを手に入れるために、フランスまで行く人も少なくはないようです。

ステイタスが大切なのは、自分の値打ちを高く見せる効果があるからです。

そしてやっと手に入れたコーチのショルダーバッグを周りの人から評価されることによって、もっと欲しいという心を刺激し、また満足を得ようとするのです。


欲しいという心の強さが、コーチブランドの強さになっています。

常に価格が高いというイメージがあるコーチのショルダーバッグですが、その分日本人にとってステイタス度が増すのでしょうか?

それもコーチの魅力の1つなのかもしれません。

特に期間限定や数量限定商品は、発売前から、人気が沸騰して、プレミアまで付いているほどです。

ですがやはり一番人気があるのは、昔から作られているショルダーバッグで、人気の衰えは陰りもありません。

価格の幅は10代の女性がおこづかいで変えるような物から、かなり高額な物までそろっています。


せっかくブランド商品を持つのですから、自分を引き立たせる物を持ちたいですね。

その点、コーチのショルダーバッグを持つことで、男性も女性も、自分に自信がつくようです。

時間をかけて、多くの宣伝広告費と、優れたデザイナーを集めて、作り上げたのが、コーチのショルダーバッグの品質の良さなのです。

素材にしても価格にしても、その時の自分の年齢に合ったものをみつけ、背伸びせず少しづつ揃えていくのもまた楽しいですね。

年齢を重ねていく中で、ブランドによって自分が引き立つような身につけ方ができるといいですね。



posted by プラダのショルダーバッグ研究家 at 12:16| Comment(0) | TrackBack(0) | コーチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。